2015年3月11日水曜日

アラルディ入荷






ideale(イデアーレ)ジャーナルをご覧の皆さまこんにちは。





橋本でございます。







オーダースーツフェアもひと段落、オーダーいただいたお客様、誠にありがとうございます。






私まで出来上がるのが楽しみで仕方ありません。








さて、15SSよりイデアーレで取り扱いの始まるブランド「アラルディ(ARALDI)」。







今回セレクトしたカーフベルト「タンポナート」と呼ばれる職人の手による染色技術は、芸術家ミケランジェロが手がけたシスティーナ礼拝堂にも用いられた技法で、脱脂綿でポンポンと色を塗り重ねていくと水彩のように透き通る陰影が現れ、これを習得するまでおよそ10年の歳月がかかると言われています。






マスプロダクトの時代から唯一無二のプロダクトが求められるようになった現在、改めて職人技のすごさを思い知らされるブランドです。










まるで「アート」の作品をみているかのようです。











「TAN」と呼ばれる赤みがかったブラウン











深みのある「GREY」










「透き通る」という言葉がよく似合う「BLU ARALDI」











シビリアのホワイトデニムに合わせてみました。































3色買いもアリ、、、
















仙台、外は大雪ですが、今日という日が穏やかに終わってくれればと思います。











明日から暖かくなると良いですね!










ご来店、心よりお待ちしております。










橋本






0 件のコメント:

コメントを投稿