2018年9月17日月曜日

【INCOTEX SLACKS】今期一押しパンツ!


  いつも当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

ほんのーり痩せた気がしてます、志賀でございます。
特に運動や食事制限はしていないので多分気のせいです(笑)


当店入荷ラッシュが続いておりまして、なかなかブログでのご紹介が追い付いておりませんが、その中でもオススメから順番に記事にして行きたいと思います。


今回はインコテックスのパンツをご紹介。
アウター、シャツ、ニット、ストールと続けてご紹介してきたので私の中でもそろそろ
パンツだろ・・・と結構前から決めていました(笑)


さて、毎度ながら簡単にですがブランドをご紹介させて頂きます。
もちろんイタリアのブランドです。
本当に有名なので、イタリアインポートをあまりご存じない方でもなんとなく響きに
覚えのある・・という方も多いです。


創業は1951年。パンツの専業メーカーとして立ち上げ。
当初は20人程の従業員しかいなかったそう。
しかしながら後程アイテムを見ながらご案内致しますが、専業メーカーならではの
丁寧な仕事とこだわった作りが評判を呼び、瞬く間にイタリアでも1,2を争う有名なブランドとなりました。
現在ではデザイン性と創業当時の丁寧な仕事が同居したモダンクラシックが売りになっています。


少し前になりますが、日本人向けにわざわざパターンニングされた「J35」というモデル、実は私がスラックス=細くないとカッコ悪いという印象を打ち破ってくれたモデルでもあります。
程よく深い股上、程よくテーパードが効いたひざ下からのライン。
絶妙な位置から始まるセンタークリース、ハーフブレイクにすると綺麗にシューズに乗る各サイズによって計算された裾幅・・・

当時タイト目が全盛だった時期、例に漏れず私もそうだったのですが、ゆとりやドレープがあっても上品でカッコいいという違った見方を出来るようになったキッカケを与えてくれたブランドでもあるのです。


本当にたくさんの方がこのブランドによって美脚になったはず。今はJ35はあまり見なくはなりましたが、当時相当流行っていたので、インコテックス=グレーのウールスラックスという印象が日本では強めなのではないでしょうか?


さて、前置きが長くなりましたが、今回はそんな印象をまたも新しく刷新してくれるインコテックスのカジュアルライン「スラックス」からコットンの5PKTパンツをご紹介します!







実はこの「スラックス」というライン、ややこしいですが、実際にスラックスはあまりありません(笑)
2013年に立ち上がったラインなのですが、全身はインコテックス「REDレッド」というネーミングでした。こちらも相当流行ったのでこちらでしたら聞き覚えのある方はいるのではないでしょうか??






こんな感じに当時のタグのなごりを残したまま毎シーズンミリ単位の微調整を繰り返して更に魅力的なパンツになっております!









この耳の処理のステッチも残っていますよ!セルビッジではないですが、ロールアップした時のアクセントとして気の利いた処理をしてくれてます!






更にこちら。同色でブランドステッチ。アイコニックなものも控えめですが、ございます。








洋服は裏を返すと価値が分かるとよく言いますが、バルバのように抜かりありません。




良いパンツの定番の仕様、V-スリットの内側にもブランドタグ。一見意味がないように見えるかもしれませんが、前にかがんだときに一番負荷のかかる位置なので、タグが補強の役割もしています。



そして同じ位置の表には閂留め。裏のタグはこの閂を隠す位置でもあるんですねぇ。
デザインと補強のいいとこ取り・・・さすがです・・・




お次はフロント裏と骨盤に当たる位置の裏側。






マーベルト(タックインしたシャツの滑り止め)にホースブランケットでたまに見るようなステッチが施されているのですが、分かりますかね?
お尻の方に向かっていくにつれて生地の分量が大きくなっているのが・・・

私、洋裁の学校を出ているのですが、これ100%めんどくさいです(笑)

しかし、そこはインコテックス。
シルエットと履き心地を追求した結果の仕様なんです。





シルエットは細身。昨今、タック入りが流行ではございますが、敢えて当店では
ミリタリー色の強い色、温かみを感じる上品な生地感という相対する絶妙なバランスを楽しんで頂く為、デザイン面まで強いと喧嘩してしまいそうなのでノータックをチョイスしております。




あいにく、私1人でおりまして、自分撮りで申し訳ございませんが肥満気味の私でもこのシルエット!

そして腰回りのホールド感は履いて頂かないとわからないと思います。

是非店頭でお試し下さい!!


この絶妙なクリースも健在。




生地違いで2色ご用意しております。
ツイルのクリームと





織柄の強いカーキ色。



ちょっとしたヴィンテージ風のアタリも素敵です。




私個人的なオススメはイタリアの上品さを残しながらもやや男臭いスタイリング。

ですのでカーキ色がオススメです!










大分長くなりましたが、ご容赦ください・・・






次回は・・・入荷に合わせて考えますが、コートかジャケットになる予定です(笑)



その他、ご不明な点、遠方からの通販のご利用、ご相談などあればお気軽にご連絡下さい。

ideale 志賀

〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町1-4-1
明治安田生命ビル1F  tel 022-281-8778












0 件のコメント:

コメントを投稿